とりあえず甘いものを制限

ダイエットでまず行ったのは甘いものを制限すること。これまでは毎日のお菓子間食は当たり前でしたが、それをまずは少しずつ量を減らしていくことにしました。

まず、お菓子のストックをやめました。冷凍庫にたい焼きや大判焼きを常においておくこともやめました。そこにあるからつい手を伸ばして食べたくなってしまいます。食べたくても店まで買いに行かないといけないとなると、億劫が勝って我慢ができるようになります。

食べたいお菓子は買い物の際にその都度買うようにしました。例えば仕事帰りに食後のお菓子がちょっと欲しいな? と思ったときはスーパーやコンビニに寄って食べたいお菓子を1つだけ買います。量やカロリー数もちゃんと見ています。カロリーが高ければ少なくし、カロリーが低ければ、ちょっと多目なものを選べます。

ドラッグストアにはダイエットビスケットなどの健康お菓子が売っています。値段が高いので中々手が出しにくいですが、あれも結構美味しいです。低カロリーなので私も時折お世話になっています。

徐々に変化があらわれてきました

数週間程度甘いものを制限したところで、すぐに痩せはじめたなんていう変化はあらわれませんでした。それはそうでしょう。お菓子を完全に食べなくなったわけでもないですし、お菓子を控えたことで通常の食事をよく食べるようにもなりました。摂取カロリーとしてはたいして減ってはいなかったことでしょう。

でも、目的はお菓子を食べたいという欲求からまずは離れるということでしたので、1ヶ月も続ければそちらの変化は十分に出てきました。毎日間食が当たり前だったのが、「今日はいいかな?」という日が出てきて、次第にお菓子を食べるのは特別なご褒美の日、例えば仕事がうまくいった日や週末などに限定するようになりました。

BIM値や体脂肪率を減らすことはまだまだですが、ダイエットの始まりとしては、“お菓子への欲求が減った”というのは中々の進展だと自分では思います。無理をして我慢してストレスを溜め込むのは辛いものです。でしたらまずはストレスを感じずにダイエットをできるようにしていくことが、痩せるためには重要ではないでしょうか。どうせダイエットをするなら楽しくやっていきたいですからね。ストレスは健康によくありません。