カッコイイパパになるために

健康を気にしてお酒を控えるようになったのは3年前のことでした。子どもも生まれ、よい切欠だと思ったんです。でも、お酒を控えたことで全てがよくなったわけではありませんでした。

お酒の飲みすぎを指摘されることはそれまでによくありました。もともと肝臓が非常に強いというわけでもなかったので、大量の飲酒には向いた体質では無かったようですから、このままお酒を飲み続けていたら健康を害しかねないのは分かっていました。でも若い時は仕事終わりの飲み会が本当に楽しくて、中々お酒を控えることは難しかったです。

それでも前々から子どもができたらお酒をやめようというのは決めていました。理由をあげるとすれば、子どもに酔っ払った父親の姿を見せたくないというところでしょうか。それまでお酒が大好きだった自分が言うのもなんですが、酔っ払った人の姿って子どもがみるようなものでは無いと思います。決して自分は酒癖が酷いわけでは無いとは思うのですが、酔ったらどうしても冷静ではいられませんから。

もちろん、それで健康やダイエットにもなると考えていました。ところがです、お酒を控えるようになってからというもの、逆に体重は増えてしまいました。一体どういうことか…… これはショックでした。

甘いものが好きになったのが原因

甘いものといえば、普通はダイエットの大敵とされる食べ物。高カロリーなお菓子を間食していれば太ってしまうのも当たり前ってなものです。お酒を飲んでいた頃以上に甘いものでカロリーを摂取するようになり、気がつけば太ってしまったといったところでしょう。

好きなのは主にスナック菓子、ポッキーやトッポのようなスティックやカントリーマァムのようなソフトクッキーが特に大好き。それからデザートも好き。デパートやショッピングモールに家族で出かければ、つい食品街の美味しいケーキやプリンなどを買ってしまいます。

あぁ、たい焼きや大判焼きも大好きです。冷凍物を常に冷凍庫にストックしておき、いつでも食べられるようにしているくらいです。

お酒を控えた次は甘いもの。だらしない体を引き締めるためにも本格的なダイエットをすることを決めました。健康目的もありますが、娘にカッコイイパパって思われたいですし。